【部屋干し用家電】雨の日でも洗濯したい!衣類乾燥機能の家電を比較!

こんにちはー!
まゆ(@mayuyutsuba)です!

 

毎日お洗濯をしたい…!そんな願望をお持ちではありませんか?

はい。わたしが毎日そのように思っております。

わたしは太平洋側の人間なので雨が続くことに慣れていません。
だから、タオルもふんだんに使うし、浴室乾燥機もついていない家に住んでいます。

一週間雨続きは本当にキツイ。生乾きの匂いも嫌いだし、物がたまること自体が嫌だ。

これは文明の利器に頼るしかないぞ!ということで様々な家電を比較してみました。

結論から言うと、賃貸に夫婦2人で暮らすわたしは空気清浄機のように見える
パナソニックの衣類乾燥除湿機「F-YHMX120-N
を使用しています。
そちらについては個別でレビューしていますので参考にしてみてください。

【パナソニック衣類乾燥除湿機】F-YHMX120-N使用レビュー

雨の日関連記事
雨の日もおしゃれしたい・・・!
そんな願望をかなえてくれるかもしれないレインブーツの記事はこちら▼▼
雨でもおしゃれ!本革にしか見えない!RAINFUBSのレインブーツ徹底レビュー!

 

また、乾きやすい衣類を選ぶのもいいですよ!
OL、夏のオフィスコーデに悩む。→リネンシャツで解決!」で夏のコーデの提案をしてます♪

衣類乾燥を目的とした家電を導入することに。各家電のメリット・デメリット!

衣類の乾燥を目的とした家電というのは様々なタイプがあります。ライフスタイル・予算・スペース等で選択するものが変わります!

  1. 浴室乾燥機
  2. 全自動洗濯機
  3. 衣類乾燥機
  4. 衣類乾燥除湿器

ざっとこんなかんじですね。

まゆ

う~ん。結構選択肢があるので、それぞれのメリットデメリットを挙げていきますね!

①浴室乾燥機のメリット・デメリット

浴室乾燥機は、新しいマンションだとついていることが多いですね。換気扇とともに浴室乾燥させる機能が備わっています。わたしも4年間の一人暮らしのときに使ったことがありますが重宝しました。

メリット〇:浴室が狭いので短時間で乾燥させることができる。お風呂にカビが生えにくいという思わぬメリットも!

 

デメリット×:ビルトインなので後から変更することができない。賃貸の場合は工事ができないため難しい。(相談すればいいのかもしれませんが・・・)

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥25,300 (2020/09/25 22:21:58時点 Amazon調べ-詳細)

まゆ

浴室乾燥機がついている人はこれで解決できますね!

②全自動洗濯機のメリット・デメリット

洗濯機と乾燥機能が一緒になったものです。簡単な乾燥機能がついている洗濯機は多いですが、完全に乾かそうとすると機種が限られてきます。

メリット〇:洗濯から乾燥まですべて自動でやってくれるため、時短になる。洗濯機のスペースさえあればいいのでスペースがあまりない家でも使える。

 

デメリット×:初期投資がかかる。だいたいきちんとした乾燥機能がついているものは最低でも10万はかかる。

まゆ

洗濯機の買い替えを検討していればこれもありだなぁ・・・。

③衣類乾燥機のメリット・デメリット

海外では主流の衣類乾燥機。洗濯機の上に取り付けるようになっています。衣類の乾燥機能に特化したものですね。もしかすると衣類を乾燥させる機械というとこれを想像する方も多いかもしれません!

メリット〇:安価なものが多いので初期投資が少なくて済む。ガス式だと乾燥時間は驚異の30~40分!

 

デメリット×:洗濯機の上に取り付けるため、スペースが必要。さらに、固定させるために器具が必要

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥46,900 (2020/09/26 15:03:03時点 Amazon調べ-詳細)

まゆ

正直30~40分には驚いた!すぐに服を汚すお子さんがいる家庭は良いかもしれませんね~!

④衣類乾燥除湿器のメリット・デメリット

あまり聞いたことがなくそこまでメジャーではありませんが、風を噴射して衣類を乾燥させます。浴室乾燥機を部屋で使用するイメージですね・・・!

メリット〇:安価なものが多いので初期投資が少なくて済む。衣類だけでなく、部屋を乾燥させることも可能。

 

デメリット×:空気清浄機くらいの大きさなので置くスペースが必要。音も大きく、部屋が多少熱くなるのでワンルームの場合、寝ている間に使用することができない。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥56,444 (2020/09/26 13:42:05時点 Amazon調べ-詳細)

まゆ

置くだけなので楽かも!

賃貸住み子無し夫婦が選択したのは衣類乾燥除湿器!

様々なメリットデメリットがありますね。

色々と比較した結果、賃貸に住む夫婦ふたり生活のわたしのライフスタイルにピッタリだったものは④衣類乾燥除湿器ということになりました!

  • 予算は抑えたい
  • 賃貸なので下手に工事はしたくない(壁に穴は絶対開けないという決意!)
  • 洗濯機を置いている洗面台はあまり広くない
  • 2人暮らしなので部屋にスペースがある
  • いつも和室(畳がある部屋)で部屋干ししているため、どうせなら部屋も乾燥させたい

という理由です^^

すでに洗濯機は持っているため買い替えるとなるとそれだけで10万以上かかります。また、わたしの住む築20年の賃貸は、そもそもそんなに大きな洗濯機が置けないということもあります。

洗濯機の上に取り付ける衣類乾燥機もぎりぎりまで検討したのですが、取り付け工事(またはそれ専用のラックを購入)するのが面倒だったので、部屋にポンと置いて終わりの衣類乾燥除湿器を選びました!

衣類乾燥除湿器は元々種類が少ないのですが、パナソニックが一番力を入れているようでしたので、パナソニックのF-YHMX120-Nにすることにしました(*´ω`*)

まとめ:ライフスタイル・家に合った選択を!

わたしの場合は賃貸ということもあり気軽に設置できる衣類乾燥除湿機を選択しました。
長雨(といっても2日で稼働させてます)の時にとっても役立ってます!!
ストレスが軽減されました。

早く乾かしたいならガスで乾燥させる衣類乾燥機が一番ですし、全自動洗濯機で一括で済ますというのも手かもしれません。
そのときの家の形態・予算にもよると思いますのでぴったりの家電が見つかればいいなと思います。

おまけ:衣類乾燥除湿器には3タイプある!

衣類乾燥機を選択することにしましたが、除湿方法が3タイプあります。

まゆ

ひ~選択肢がありすぎる!

機械の詳しい仕組みや科学の原理は説明できませんので、、
かいつまんで特徴をお伝えします!実際に参考した部分です^^

参考:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=4185

コンプレッサー式

メリット:除湿できる量が多いので、湿度の高い季節に有効。デシカント式のようにヒーターを使用しないため、消費電力がデシカント方式のおよそ半分で済むうえ、室温があまり上昇しません。

デメリット:気温が低いと除湿力が落ちるため、冬場の結露対策には向きません。コンプレッサー(圧縮機)を内蔵しているので、本体サイズや動作音が大きくなりがち。

デシカント式

メリット:吸着した水分をヒーターで温めるため、気温に左右されずに1年中安定した除湿ができます。コンプレッサーがないので、本体サイズや運転音が比較的小さいことも魅力。

デメリット:ヒーターを使用するため、消費電力が高め。室温が上昇しやすいので、夏場にはあまり向きません

ハイブリッド式

メリット:コンプレッサー式とデシカント式の構造を組み合わせたタイプ。夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式で運転することにより1年中高い除湿能力を保ちます。

デメリット:2つの方式を採用しているため、本体が大きめ。価格も高くなりがち

選択したのはハイブリッド式!

おそらく、夏場だけ使用する場合はコンプレッサー式、冬場だけ使用する場合はデシカント式になるのでしょうね。

わたしは太平洋側の人間で比較的雨も少ないため冬に登場させる機会はあまりなさそうですが、冬はちょっと天気が悪いとまったく乾かないという経験からハイブリッド式にしました。

多少大きいとのことですが、店頭で見た限りそんなに違いはなかったような・・・
値段も一万円程度の違いはあったかな・・・?

ということで結局ハイブリッド式の衣類乾燥除湿器にすることに。

使用した感想はこちらの記事に載せてます↓
【パナソニック衣類乾燥除湿機】F-YHMX120-N使用レビュー

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥56,444 (2020/09/26 13:42:05時点 Amazon調べ-詳細)

ご覧いただきありがとうございました。
まゆ(@mayuyutsuba)でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です