日本センチュリー交響楽団ってどんなかんじ?シンフォニーホールに行ってみました。

大阪のシンフォニーホールに行ってきました。

JR福島駅から徒歩で5分くらい。
梅田からも歩いていくことは可能です。私はそうしました。

何が目的だったかというと、オーケストラの演奏会です。
元々学生時代にオーケストラ経験のある私なのですが、社会人になりずっと遠ざかっておりまして。
目まぐるしい日常を精一杯生きている自分へのご褒美として急遽行くことになりました。

行ったのは以下の楽団の公演。

日本センチュリー交響楽団 定期演奏会

料金は席ごとに決められています。

A 6,000円 B 4,500円 C 3,500円 D 1,500円

また、お得な割引もあります。

わか割(わかわり):公演当日に残席がある場合、30歳以下の方はご本人に限り当日券を1,500円でお買い求めいただけます。購入時には年齢の確認できる証明書をご提示ください。

あと割(あとわり):公演当日に残席がある場合、演奏会の後半からご入場いただける当日券を1,500円でお買い求めいただけます。販売は休憩直前の曲の演奏が始まり次第行います。休憩のない演奏会での販売はありません。

おか割(おかわり):シンフォニー定期演奏会の金曜日公演にお越しのお客様が、翌日の土曜日公演も「おかわり」される場合は、A~C席を半額でお買い求めいただけます。
※土曜日公演に残席がある場合に限ります
※おかわりチケットは金曜日公演の休憩中、終演後に販売します。
割引後価格…A席:3,000円 B席:2,250円 C席:1,750円

※基本的にいずれの公演も開演の1時間前から当日券売り場にて販売いたします。
ただし、前売り期間中にチケットが完売した場合は当日券をご用意できませんので、公演前日にセンチュリー・チケットサービスまたはホールにお問合せください。

とのことだったので、念のため当日の朝にシンフォニーホールに残席があるか確認はしました。
センチュリー・チケットサービスに問い合わせると、営業時間外とのこと。よく見たら営業は平日だけでした。

シンフォニーホールに問い合わせると、空いていますよ~。という回答を頂いたので、行くことにしました。

ぎりぎり30歳の私は「わか割」を利用。

どの席も1,500円という驚愕の安さ。席はどの席もある程度は残っていました。
やはり、いい席で聴くほうが良いので、A席をチョイス。

当然ですがそのままチケットを見せて無事入ることができました。

6,000円だけど1,500円で購入できるという・・・。本当にびっくり。
プロの演奏がこんな格安で聴けるなんてなかなかないと思います。
オーケストラ自体、若い人が少ないので25歳以下割引とか、若者をターゲットにした演奏会は時々見かけます。
30歳が若いかは置いておいて、せひ若い人にもどんどん聴きに行ってほしいです。

シンフォニーホールはクロークや売店、喫茶があります。

結構室内はどこも暖かく、ひざ掛け替わりに使用するためコートは持ち込んだのですが不要でしたね。
邪魔になるのでいらないものはクロークに預けてしまいましょう。

周りの人の服装を見てみると、そこまで正装している人は少なく、普段着で行っても大丈夫そうです。

あとホールの各階にウォーターサーバーがあるので喉が渇いても安心です。
ペットボトルを購入していたのですが不要でした。

あと古い建物なのでエレベーターが妙に古い。

開場~開演まで一時間あったのですが、会場探検するとあっという間に時間が・・・

演奏の感想はここでは割愛。久々の演奏会でまた今後もいろいろいってみたいという欲がでてきました。

****************

あとおまけ。
シンフォニーホールの公式マスコットもいます。
その名も
「マエストロ・コール」くん。
かわいい羊のキャラクターです。
思わずグッズも買っちゃいました。

こういうの弱いんですよね・・・。

それではまた。